ジスロマックの画像

細菌が原因による病を治したいのであればジスロマックを使いましょう。ジスロマックは3日間服用する事によって約7日間の効果があると言われているお薬なので、幅広い領域で用いられます。ではジスロマックについて説明していきます。

細菌感染による炎症に有効なジスロマックと唇の水疱

ジスロマックを用いて治療を行える細菌感染症は数多く、医療機関では頻繁に処方されるものとなりました。細菌感染に伴う様々な炎症の治療に対して有効であり、持続的に効果を発揮することから患者の薬の服用のストレスも緩和できるのがジスロマックの特徴です。ジスロマックはニューマクロライドと呼ばれるマクロライド系抗生物質の中でも新しい部類の抗生物質として市場に登場したものであり、他のマクロライド系抗生物質と同様にほとんどの細菌に対する有効性に加えてマイコプラズマやクラミジアに対しても有効とされています。そのため、性器クラミジアの治療にもよく用いられるようになっていますが、あくまで非定型菌程度までがジスロマックの抗菌スペクトルの広さであり、真菌やウイルスに対してまでは有効性を発揮しません。性器クラミジアのような性感染症の場合には複数の病気を抱えていることもしばしばあり、性行為を通して同時にいくつかの性感染症をうつされてしまうということもよくあります。その際に性器クラミジアの治療に対してはジスロマックが有効ですが、ウイルス感染などの場合には有効ではないということは理解しておかなければなりません。唇に水疱ができてしまうことが多いヘルペスウイルス感染では単純ヘルペスウイルスへの感染が問題となっているものであり、ジスロマックは有効ではありません。性器ヘルペスと口唇ヘルペスでは種類が違うウイルスであると言われていましたが、性器ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルス2型が口唇ヘルペスの原因となることもわかってきており、性器ヘルペスを持つ人との性行為によって唇に水疱ができることもあります。その際にはヘルペスウイルス治療薬を用いて治療を行っていくことが必要です。