ジスロマックの画像

細菌が原因による病を治したいのであればジスロマックを使いましょう。ジスロマックは3日間服用する事によって約7日間の効果があると言われているお薬なので、幅広い領域で用いられます。ではジスロマックについて説明していきます。

ジスロマックやニューキノロン系抗生物質と体重減少

性病として最もよく知られるようになっているのが性器クラミジア感染症であり、日本においては100万人以上の患者がいるとされています。特に10代や20代における患者が増えているのが特徴的なのが性器クラミジア感染症の現状であり、性病に対しての無知や性行為に対する活発さが影響して感染が広がっているとされています。しかし、性器クラミジア感染症にかかってしまった場合にもジスロマックを使用することによって殆どの場合には簡単に治療を行うことができるようになっています。クラミジアは非定型菌に分類されるため、古くから用いられているペニシリン系抗生物質やセフェム系抗生物質は効果を示しませんが、抗菌スペクトルの広いマクロライド系抗生物質であるジスロマックを使用することによって効果的に治療を行うことができます。しかし、使用頻度が高まってきたことを受けてジスロマックに耐性があるクラミジアも存在するようになってきており、そういった場合にはニューキノロン系抗生物質が用いられて治療が進められることもよくあります。いずれにしても有効な抗生物質が多数あることからそれほど長い期間を要さずに治療を達成することが可能です。しかし、気をつけなければならないのが複合感染であり、性器クラミジア感染症を持っている人は他にも性病を持っていることがよくあるのです。十年以上たった後に突然の体重減少や下痢などの症状が生じることもあります。これはエイズにおいて典型的な症状であり、感染初期に起こるクラミジア感染による発熱でエイズ感染による発熱が覆い隠されてしまって気づかない場合があります。性病にかかった場合にはこういった複合感染への懸念も必要になるのです。