ジスロマックの画像

細菌が原因による病を治したいのであればジスロマックを使いましょう。ジスロマックは3日間服用する事によって約7日間の効果があると言われているお薬なので、幅広い領域で用いられます。ではジスロマックについて説明していきます。

ジスロマックと性感染症の定義と検査による判断

ジスロマックはヘルペスの治療に使われる薬で、従来の抗ウイルス薬よりも再発を抑えられるので、多くのヘルペス患者に投与されています。性感染症の定義としては、セックスなどの接触を介して、感染が広がるウイルスや細菌による病気ということなので、ヘルペスだけでなく、梅毒やクラミジア、HIVなどもすべて性感染症になります。日本では積極的に感染症対策が行なわれていますが、感染の有無を判断するのが難しいので、症状が出てから病院で治療を行うのが一般的になっています。梅毒やクラミジアは重症化することもありますが、気がついた時点で抗生物質を投与すると完治させることができます。HIVやヘルペスのようなウイルス感染症は、神経細胞などに潜伏しているので、抗ウイルス薬を服用しても完全に駆除することはできません。抗ウイルス薬はウイルスの活動を抑制することで、増殖を防いで症状を改善するものなので、ウイルスは体の中に残ってしまいます。インフルエンザなども抗ウイルス薬によって駆除するのではなく、増殖を抑えて、ウイルスの数を減らすことで症状を完治させるのが目的なので、ウイルスに関しては、細菌のように簡単に駆除することはできません。特にヘルペスは、性器だけではなく、唇のまわりなどにも症状がでるので、肌の表面に違和感を感じたら、体を休ませるなどして、免疫力の低下を防ぐ必要があります。免疫力をしっかりと維持しておくと、ヘルペスウイルスの活動を制限できるので、症状が出るのを抑えることができます。性器ヘルペスはとくに女性に多いのですが、性器のまわりに強い痛みを感じるので、椅子に座ったりするのが難しくなります。治療は痛み止めや抗ウイルス薬によって行なわれますが、完治するのは難しいとされています。